大人の発達障害者が恋愛を成功させるためにする事とは?!

   

発達障害大人恋愛

大人の発達障害者の恋愛について

大人の発達障害者の恋愛には難しいものがあります。

 

他人の気持ちが分からない、衝動が抑えられず、暴力暴言に走ってしまったり、すぐに泣いてしまったりする等の症状が、恋愛に障害になるのかもしれません。

そのような発達障害者が恋愛をするにあたってはまず、理解のある相手を選ぶことが肝要です。

 

そのような相手と過ごすことが、発達障害者にとって一番ストレスの少ない道だからです。

 

そして次に、人の気持ちが分からないなどの症状がハンデになるときは、恋愛ハウツー本や心理学の本で学んでみることをお勧めします。

 

感覚では理解できないことも、理屈でなら理解できる発達障害者が多いからです。

 

このような著作は巷に溢れていますし、インターネットでも情報収集ができます。

 

また、衝動が抑えられず恋愛に支障をきたしているなら、薬物療法に頼ってみてはいかがでしょうか?(ただし医師からの処方箋が必要です。)

 

このようにツールを頼りにしたり、専門機関に相談したりすれば何かしらの対応策は見つかると思います。

 

また当たり前のことですが、恋愛は定型、発達障害者を問わず誰しもの心を悩ます難問だらけです。

 

そのような恋愛に絶対的な解決策などがないことも心に留めておくべきでしょう。

 

 

発達障害者のSNSでのトラブルについて

発達障害者がTwitterなどでトラブルを起こしてしまった場合には、どう対処したらいいのでしょうか?

 

まず、自分の行動や言動を振り返ってみましょう。

なぜトラブルになったしまったのか考えることが重要です。

 

SNSでは炎上やトラブルは日常茶飯事ですし、当事者が悪いとは言い切れません。

 

が、自己を省みることが重要です。

 

SNSでの経験は、実際の人間関係でも生かせるはずだからです。

 

もし原因が見つからないなら人に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

障害者差別解消法について

障害者差別解消法とは、障害を理由とする差別の解消を目的とし、国の行政機関等が障害者の差別を解消するための措置などをを定めた法律です。

平成28年4月から施行されます。

これも努力義務について定めたといっても過言ではない法律ですが、一つだけ従来の法律と異なる点があります。

それは罰則を設けていることです。

必要な場合に主務大臣が報告や助言、指導、勧告を求め、それに不服だったり虚偽の報告などをした場合は、処罰があります。

 

ただこれもどこまで効果があるのか不明です。

障害者の声が上に届くのか、といった疑問が残ります。

ともあれ、まだ施行されていないので、結果を待つほかにありません。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法