アスペルガー症候群の人の適職について関心はありませんか?

   

発達障害大人職業

アスペルガー症候群の適職について

アスペルガー症候群の人が適職を見つけるのは難しいかもしれません。

環境に適応できずにニートや引きこもりになってしまう人もいます。

 

しかし、突出した能力が上手く仕事にハマれば、成功するケースもあります。

筆者の知り合いには受動型のアスペルガーの方がいますが、持ち前の博覧強記を生かし大学教授をやっています。

 

また、高い文章力を生かしフリーライターをやり、人並み以上に稼いでいる人もいます。

 

このように、希望もあります。

 

大人の発達障害者は就職においては苦労しますが、自分と徹底的に向き合い、適職を探して行くほかにないと思います。

 

厳しいことを言いますがニートや引きこもりになっても、未来は拓けません。

 

筆者も障害が原因で凄惨たる目にあってきましたが、ふさぎこんでも生産的ではないと気づき、前を向きました。

 

そのような私の意見ですが、失敗や辛い経験も職探しに生かせると思います。

 

諦めずに一緒に努力していきませんか?

 

 

発達障害の癇癪について

発達障害者の中には大人でも癇癪持ちの人がいます。

癇癪の原因は遺伝、ストレスなど所説ありますが、結局は脳にあると言えるでしょう。

なので、もしあなたが癇癪で悩まされているなら、受診をお勧めします。

発達障害者は癇癪持ちの人が多いため、発達障害専門の病院に相談できるので一人で悩まないでください。

 

 

発達障害者とのコミュニケーションについて

発達障害には、メールや手紙といった視覚情報が有効的です。

ワーキングメモリーが小さい、という特徴がある発達障害には、一度聞いたことを忘れてしまう人が多いです。

そのため形で残る情報が本当に救いになります。

もし当事者が物忘れで悩んでいるなら、大事な連絡はメールでしてもらったり、こまめにメモを取ったりすることを推奨します。

 

また、周囲に発達障害がいる場合は、上記の特徴を踏まえて工夫してコミュニケーションを取ってみてください。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法