大人の発達障害の当事者会の活動を知りたくありませんか?

   

大人の発達障害とピアサポート

大人の発達障害の方でピアサポートや当事者会活動に参加されてみたいと考えている方もいるでしょう。

 

大人の発達障害は昨今、認知が進んでいることにより、様々なピアサポートや当事者会が設立され、様々な茶話会やグループワークなどが行われています。

 

大きなくくりとして、参加者の話を聞き合う茶話会のような形式と、議題に沿って討論したり、一つの作業を共有して行うグループワークに分かれます。

 

もしパンフレットを出しているピアサポートでしたら、それを読んで雰囲気を感じるのも良いでしょう。

 

ただ本当にその会の雰囲気を知るとなると、やはり参加してみるのが一番です。

 

会によって個性が違いますので、自分に合っているかどうか確認できるでしょう。

大人の発達障害と正確な診断

大人の発達障害の方で診断に行かれたいと考えられている方もいるでしょう。

 

大人の発達障害についての診断は病院によって検査方法が変わってきます。

 

出来るだけ正確な診断を考えると、出来るだけあなたの精密な情報が必要になってきます。

 

というのも、大人の発達障害の診断は非常に難しいものがあるからです。

 

子供の診断でさえ、十五年以上前まで健常と知的障害のボーダーラインにいると診断されることもありました。

 

大人になると子供の頃に比べさらに情報が集まりづらく、診断するための材料が少なくなってしまうのです。

 

もし診断を受けたいと思われるのでしたら、出来れば母子手帳、パートナーがいればその方に普段の生活について話してもらうことも必要でしょう。

 

大人の発達障害とともに生きていくと考えると、どうしても福祉サービスや周囲の理解が必要になってきます。

 

そのために診断というのは大きな客観的根拠になりますので、出来るだけ診断は受けておいた方が良いでしょう。

 

 

大人の発達障害と生きていくためには

大人の発達障害で自身の障害とどのように生きていくべきかと考える方もいるでしょう。

 

大人の発達障害は脳の機能障害であるが故に、治癒はしません。

改善はしますが、周囲の環境がどれだけ整えられるかにかかってくるようです。

 

まずは大人の発達障害の方自身が自分の障害について理解し、受け入れるようにしましょう。

 

その後は適切な治療をしましょう。

 

そうして自分を整えていくなかで、周囲に理解を求めて、適切なサポートをしてもらえるよう働きかけてみてはいかがでしょう?

 

大人の発達障害の方が自分らしく生きるためには、自分の特性を理解して、それを活用していくのが一番かと思われます。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法