大人の発達障害「吃音症」でお悩みではないですか?

   

大人の発達障害とどもり

大人の発達障害の方でどもりが出てしまうことで困っている方もいるでしょう。

 

どうしたらいいのだろうと考えている方もいるでしょう。

 

どもり、いわゆる吃音症は発達障害の一つである学習障害(LD)からきています。

 

大人になってから、吃音症になった。

 

子供のうちから吃音症でそのまま、成人になったという場合は、治癒する可能性が著しく低くなります。

 

とはいえ、まったく改善しないというわけではありません。

 

吃音であることを強く意識すると悪化しやすくなるため、そこは深く考えない方が良いでしょう。

 

また「あー」「えー」などの言葉を挟み、言葉に間を置いてみましょう。

 

吃音はなってしまう時とならない時の波のようなものがあります。

そこの部分を把握するのも一つの手です。

 

何かしらの特効薬というわけではありませんが、認知行動療法も改善に使えます。

 

ただしこれらの改善には、まずは自身のどもり、吃音を受け入れるということが必要になってきます。

大人の発達障害と同僚の関係

大人の発達障害の方で、同僚との関係に悩まれている方もいるでしょう。

 

コミュニケーションが上手く成立しない。

 

曖昧な言葉で頼まれて理解できず、失敗してしまう。

 

失敗したことをばれたらと愛想を尽かされると思い、隠してしまう。

 

どうすればと思うこともあるでしょう。

 

大人の発達障害は脳の機能障害です。

 

治癒する道は現在のところ、発見されていません。

 

ただし二次的な症状に関しては、抑える薬が出ています。

 

また環境を調整することによって、症状を抑えることは可能です。

 

まずは自分の発達障害はどんな特徴があるのか、調べてみましょう。

 

大人の発達障害の症状の出方は人それぞれです。

 

自分を知ることが出来れば、周囲の人にどのように伝えたらいいのか、分かってきます。

 

そうして自分のことを客観的に理解したところで、他の同僚や上司に伝えていく努力をしてみましょう。

 

 

大人の発達障害と広島の病院

大人の発達障害の方で広島の病院を探している方もいるでしょう。

 

もし広島県に在住でしたら、県庁ホームページを見てみると良いでしょう。

県の調査に対応した発達障害の病院の情報が載っています。

 

ただし、データと現在の病院の状態が一致していないということもありますので、初診の前には電話で確認した方が良いでしょう。

 

また大人の発達障害の検査方法は病院によって、値段が大きく変わります。

治療もまたしかりです。

 

そのため出せるお金に範囲がある方は、県の発達障害者支援センターに問い合わせて、相談してみるのも、良いでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法