大人の発達障害を治療するディサービスをお探しではないですか?

      2015/09/30

大人の発達障害とディサービス

大人の発達障害の方でディサービスに行きたいと考えられている方もいるでしょう。

 

発達障害の児童を対象にした放課後ディサービスはインターネット上でも掲載されているのですが、大人向けのディサービスとなると一気に数が少なくなるようです。

 

代わりに病院等や自助グループが行われているディケアやグループワークがディサービスの代わりになっているのではないでしょうか?

 

またこういう場合もあります。

 

インターネット上では掲載されていないだけで、地域に大人の発達障害の方向けのディサービスがあるかもしれません。

 

もしそのような時は、地域の保健所や発達障害者支援センターに一度相談してみるのがいいでしょう。

大人の発達障害と童顔

大人の発達障害の方には童顔の方が多いのではとネット上では言われています。

 

確かに大人の発達障害者として動画で顔を出されている方には、ずいぶん顔がお若いなと思うような方もいるようです。

 

ただこの話については科学的な論証がついてきていません。

 

いわゆる感想で童顔だと感じている方がいるようです。

 

ただ当事者の方には大人の発達障害の特性であるコミュニケーションがおぼつかないところや、こだわりの強さから周囲の人が子供っぽいと雰囲気で感じ取っていることがあるようです。

 

もしそれが原因で子供っぽいとみられているのだとしたら、いっそのこと利用してみるのも手でしょう。

 

大人の発達障害の方は苦手なことは投薬や認知行動療法をしてみても苦手です。

 

得意なことだけを伸ばしていく方が望まれるのですが、その中、周囲との関係で、子供っぽいと言うのは可愛いキャラクターとして認知されやすくなり、皆から愛される存在になり得ることもあります。

 

もって生まれたものであなたのためになるものは利用してみてはいかがでしょう。

 

 

大人の発達障害と電話相談

大人の発達障害の方で、自分の発達障害で生活に弊害が出ていることに悩むこともあるでしょう。

 

そこで身近に相談するところはないかと電話帳で探すこともあるかもしれません。

 

もしそのようなことになっているのでしたら、各県にある発達障害者支援センターに電話相談してみてはいかがでしょう。

 

発達障害者支援センターは発達障害者を総合的に支援する公的機関になります。

 

病院等や就労支援など各機関と提携しているため、幅広い支援が出来るのです。

 

ではもしここに相談したいと思いましたら、まずは自分の困っていることは何かリストアップしていくことをおすすめします。

 

また本格的に相談していくことを考えるのなら、自分の生育歴についてとりまとめていくと良いでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法