大人の発達障害の方は、脳にどのような原因があるのでしょう?

      2015/09/29

大人の発達障害と前頭葉

大人の発達障害の方には発達障害の原因はなんだろうと思う方もいるかもしれません。

 

発達障害の多くは先天的に脳等の中枢神経の発達が不十分だということが原因と有力視されています。

 

また前頭葉の神経物質の代謝に問題があるのも原因の一つとも言われています。

 

前頭葉は社会生活の上では理性を司るような部位でもあり、この部分が上手くいかないと、自分の欲求や感情が上手く制御出来なくなり、コミュニケーションや社会生活に影響が出てしまうのです。

 

 

大人の発達障害と増加

大人の発達障害かもしれないと思う方には、最近大人の発達障害という言葉が広まり、また医師からそう診断が受ける人が増加したということに不思議な思いを抱いている人がいるかもしれません。

 

厳密には大人の発達障害という新たな障害が出てきているわけではありません。

 

発達障害の多くは先天的なものです。

 

ただし生育環境の関係で、子供の頃や学生時代は、周囲の人に気付かれなかったということがあります。

 

特に成績が良かったり、人より優れた特技を持っていたり、発達障害の特性を個性だと認識されてしまうと気付かれないこともあるのです。

 

しかし成人し、一人で物事をなさなければいけなくなった時、大人の発達障害の症状が生活に支障をきたしてしまうのです。

 

それを起点として、二次障害になるなどで、病院を受診して、大人の発達障害だと診断されることがあるのです。

 

 

大人の発達障害と自己肯定感

大人の発達障害の方で、職場や社会生活が上手くいかないことにお悩みの方も多いでしょう。

 

大人の発達障害を起因としたことで社会生活で齟齬が起きることは非常に辛く悲しいことです。

 

自分勝手だと解釈されることは身を切られるようなことですし、実際に人の心無い発言に絶望して、自傷したこともあるかもしれません。

 

大人の発達障害の方は様々な経験から自己肯定感の低い方がいます。

 

自己肯定感を取り戻す、築き上げるということはまた大変な辛苦があるかもしれません。

 

しかしまずは大人の発達障害を持ちながら、今まで人生を歩まれてきたことを認めてみてはいかがでしょうか?

 

何かしらの後悔を持っているかもしれませんし、傷ついたことを忘れられないこともあるでしょう。

 

それでも生き続けたということは、それだけでも一つの誉れと言ってもいいでしょう。

 

小さいことだとしても自己を認めてみてください。

 

大人の発達障害とともに歩く際、それがとても重要なものになるでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害