大人の発達障害の方に星野仁彦氏が勧める適職とは?!

      2015/09/29

大人の発達障害と適職

大人の発達障害の方で、自分の仕事探しに考え込まれている方もいるでしょう。

 

大学までは普通に生活が出来ていた男性、女性は高学歴でありながら仕事が安定せずに悩むことがあるのではないでしょうか?

 

日刊ダイヤモンド・オンラインでは増加している大人の発達障害について特集した記事が載っています。

 

そこには医師の星野仁彦氏からのインタビューをとりまとめた記事もあり、その中には星野仁彦氏から見た、大人の発達障害の方の適職が掲載されています。

 

大人の発達障害の方の仕事探しをするポイントは、自己の興味と得意なことを知り、そこから収入が得られるものを見いだすということを必要になってきます。

 

向いている仕事としては全体として、研究家や学者、SEなど。その道の専門家、スペシャリストであることが多いです。

 

もちろんこれは全ての人に当てはまるとは言わず、多くの人に見られる傾向にすぎません。

 

しかしそれでも専門家というのが適職探しの上での一つのワードになっているようです。

 

もし興味があるのでしたら、一度こちらの記事を見てはいかがでしょう。

 

 

大人の発達障害とディケア

大人の発達障害の方でディケアに興味のある方もいるでしょう。

 

しかし同時に大人の発達障害者の方にはディケアでどの効用があるのかと疑問に感じることもあるのではないでしょうか?

 

大人の発達障害の方はその特性から理解されないことが少なくありません。

 

また仕事や恒常的にやる用事がないと、生活リズムを維持し続けるのもままならないのも現状です。

 

ディケアではいつも同じ時間にプログラムなどが行われているため、そこに通所することで生活リズムが取り戻すことが出来ます。

 

また自己を理解してくれるという場所があるというのは、大人の発達障害の方から発達障害を取り除き、本当の自分の良さを発見していくことにつながっていきます。

 

 

大人の発達障害と夫婦関係

大人の発達障害のアスペルガー症候群の旦那様で最近、奥様の様子がうつになっていておかしいということはないでしょうか。

 

もしかしたらそれはカサンドラ症候群かもしれません。

 

大人の発達障害の方と結婚された何の障害もない奥様は、発達障害の方の特性によるコミュニケーションが出来ないということによって、傷つけられ自信を失い、うつになってしまうということもあるのです。

 

もし大人の発達障害であることを知って、自覚を持っているのであれば、奥様とのコミュニケーションのあり方を考えてみてはいかがでしょうか?

 

具体的には、曖昧な言葉でお願いはせず、明確に伝える役割を決めての行動などをして欲しいと提案してみてはいかがでしょう。

 

奥様は旦那様の発達障害に理解していません。

 

それで傷ついてしまうのです。

 

しかし長く関係を続けていくと考えると、お互いの歩み寄りが大切になるでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法