大人の発達障害の方の学習障害はどのような症状なのでしょう?

   

大人の発達障害と学習障害

大人の発達障害の方の中ではLD(学習障害)の方もいます。

 

大人になってから学習障害が発見される場合と子供の時に見つかって、学習障害だと分かる場合に分かれます。

 

学習障害の場合だと識字などの学習面に影響が出るディスレクシア(読み書き障害)というイメージがあるかもしれませんが、そうとも限りません。

 

特に大人になってから発見される学習障害の場合だと、確かに学習能力には問題があっても周囲のカバーで生活には支障がなかったということがあるのです。

 

問題としては出てくるものは仕事場です。

 

文章を読むスピードが遅かったり、言葉が辿々しく、どもりが出て、仕事に支障が出てきます。

 

もし自分の状態に違和感を感じることがあれば、すぐに学習障害についての症状と自分の症状を照らし合わせて、病院に診断を仰ぎましょう。

 

自分はどのような状態にあることで理解することで、周囲へ自分のことを知らせることが出来たり、環境を改善できるからです。

 

 

大人の発達障害とNPO

大人の発達障害の方が他の当事者と話す機会とはどうしても限られてしまいます。

 

見た目では分かりづらいために、当事者同士で出会うということになるとそれなりの仲介が必要になるのではないでしょうか?

 

ここ数年、大人の発達障害の認知が広まってきたことにより全国規模で大人の発達障害NPO法人が出来てきました(全国の大人の発達障害のNPO法人のホームページのリンクをとりまとめているサイトがあります。特にNPO法人は大都市圏に多いようです)

 

大きく分けると大人の発達障害者の話を傾聴し合うサロン型何かの議題に沿って討論したり、討論型グループワークの二つになるそうです。

しかし組織によって、スタンスが異なり、個性豊かなものになっています。

 

そのため、色々な組織のセミナーに参加して自分の居心地の良い場所を探していくと良いでしょう。

 

 

大人の発達障害と岐阜の病院

大人の発達障害で岐阜の病院を探しているという方もいるでしょう。

 

どこに自分が行きたい外来があるのかと考えているのかもしれません。

 

大人の発達障害の診断は医院によって検査方法が違い、値段が非常に医院によって変わってきます。

 

保険を使って数千円で出来るところから、万単位になってしまうと言うこともあります。

 

そのため事前に調べることをおすすめするのですが、その際は岐阜県にある発達障害者支援センターを使ってみてはいかがでしょうか?

 

公的機関のために、診察の相談をする際に様々な情報を提供してくれるでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法