大人の発達障害の診断料金がどのくらいか気になりませんか?

   

大人の発達障害と診断料金

大人の発達障害の方で診断を受けるにはどれくらいの料金がかかるのだろうと思うこともあるでしょう。

例はそれぞれのケースがあるので一概には言えません。

 

発達障害者支援センターで紹介された病院でも保険を使って数千円で済むというわけではありません。

 

様々な検査をするために数十万かかるということもあるのです。

ですので、大人の発達障害の診断を受ける際は、自分の出せるお金と相談し、そのことを発達障害者支援センターにも伝えて病院を探すと良いでしょう。

大人の発達障害とサポート

大人の発達障害の方で、自身の生活がうまくいかないために生活の管理をしてもらいたい、寮に入りたいと考えている方もいるかもしれません。

 

また生活を支えるためにはどんな手続きが必要かと分からないということもあるでしょう。

 

まず寮に関してですが、成人の発達障害が入ることができる寮はあります。

ただし数としては限られているというのも現状です。

 

ならば生活支援を受けるためには、どんな手続きが必要かというと子供の頃から発達障害が分かっている場合は療育手帳、大人になってから分かった場合は精神障害者保健福祉手帳の取得が必要になります。

 

発達障害独自の手帳はないので、精神障害の範疇にあるものと考えられています。

 

それまで健常者であったのが、突然の障害者となるのは、なかなか辛いものがあります。

 

ただ大人の発達障害を持っているからといって、必ずしも障害手帳を持つ必要はないのですが、福祉サービスを受けることもでき、メリットも多いのです。

 

 

大人の発達障害と薬

大人の発達障害の方で有効に効く薬はないのかと考えている方もいるのではないでしょうか?

 

大人の発達障害の一つであるADHD(注意欠陥多動性障害)にはかつてリタリンという薬があったのですが、依存性が強く、子供向けでも成長を阻害するということで実際の治療の現場ではコンサータ、ストラテラという薬が使われています。

 

コンサータは一日一回服用、十二時間の効用があります。

即効性があります。

 

ただ依存性もあるとも言われ、使える医師も限られています。

ストラテラは一日に一回から二回の服用。

二十四時間の効用が見られます。

ただし即効性ではないです。

効くまでに一ヶ月から二ヶ月はかかることもあります。

依存性が低く、どの医師でも取り扱えるのが特徴です。

 

医師によって出す薬は変わってくるので、診察でその薬を出すことになった場合は、先生にその薬を選んだ理由を聞くと良いかもしれません。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 

 

 - 成人期の発達障害への対処法