大人の発達障害と診断を受けるとこのようなメリットがあります。

   

大人の発達障害と診断

大人の発達障害を疑われている方で、診断によってどのようなメリットを受けられるのかとお思いの方もいるでしょう。

 

メリットとしては大人の発達障害の診断名がつくことによって、福祉サービスを受けることが出来ます

 

もちろんこれはその後に障害手帳を持つことで受けられるものですし、自治体によって変わってくるのですが、就労支援や税金免除も得られることもあります。

 

また周囲の人からの理解を得られるための客観的な根拠になります。

 

診断前は人とコミュニケーションがとれない、集中しすぎて無口になると嘆かれていたとしても、診断という客観的な根拠によって、周囲の人との齟齬を減らすことが出来るかもしれません。

 

また大人の発達障害であると診断を受けることは自覚することにも通じます。

 

自分の症状と性格を切り離して考えることが出来るようになります。

 

思い込みが激しくて困ってしまうということからこだわりが強い症状が出てしまっているだけと認識を変えられるのです。

 

 

大人の発達障害と仕事

大人の発達障害の方で仕事でうまくいかず、無職になってしまったということもあるでしょう。

 

大人の発達障害の方は、症状に無自覚な時にとってしまう態度で相手の不興を買ってしまうということがあるのです。

 

大人の発達障害の方に悪意がなくとも、周囲の人との齟齬で仕事がうまくいかないとなると、自分を変えることも大事ですが、周囲との環境調整も必要になってきます。

 

大人の発達障害ではない方は、大人の発達障害の方をどう理解していけば良いのか分からないことが多いです。

 

それだけその人の特性と性格の区別がつかないのです。

 

そのため特性によって起きる状況を分かりやすく説明したり、紙に書いておくといいでしょう。

 

もちろんこれが出来ないということもありますので、その際は発達障害について理解のある人や、もしくは相談できるサイトを見つけることによって解決してみてはいかがでしょう。

 

 

大人の発達障害と名医

大人の発達障害の方で、診察を受けるなら名医と呼ばれる人でと考える方もいるかと思います。

 

しかし、必ずしも大人の発達障害の名医があなたの名医になるかというとそれは少し違ってくるようです。

 

医師といっても人間で、それぞれに異なった考え方をしています。

 

その考え方が大人の発達障害であるあなたの考え方と一致していないこともあるのです。

 

もちろん名医に診てもらうことは悪いことではありません。

 

名医と呼ばれる程の豊富な知識と経験を持っているからです。

 

ただ身近にいて表に出ていない名医もいることも事実です。

 

医師との相性は人それぞれです。

 

より良い医師に出会えるよう、医師に診察を受ける際は下調べをしていた方が良いでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法, 未分類