大人の発達障害で物忘れにお困りではないですか?

   

大人の発達障害と物忘れ

大人の発達障害の方で物忘れに悩まされているということはないでしょうか?

 

大人の発達障害の一つであるADHD(注意欠陥多動性障害)の方の特徴の一つでワーキングメモリ(短期記憶)が弱いという特徴があります。

 

これは脳の一時的な記憶の保存庫にあたるところが弱いために、すぐに物忘れをしてしまうのです。

 

特に気が焦ったり、プレッシャーで思考が上手く働かないときは、記憶力も一気に下がってしまいがちです。

 

予防策としてはとにかく何かある度にメモをすることを忘れない。

 

またやったことも状況によっては忘れてしまうので、チェックリストを作って対処するということが考えられます。

 

また自分の行動にやり残しがないか、また何かを忘れてないか周囲の人に確認してもらうのも良いでしょう。

 

大人の発達障害とモラハラ

大人の発達障害の方で、大人の発達障害を持つ人はモラハラ(モラルハラスメント)をするという誤解を受けて困ったという経験はないでしょうか?

 

大人の発達障害の一つである自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)はモラハラをする人との特徴が似ていると言われているのですが、現実的に考えるとそれは極一部の話ではないでしょうか?

 

アスペルガー特有の自己のこだわりに執着してしまう点や相手の感情に配慮できない、考えていることが想像が出来ていないという点は似ているのかもしれません。

 

しかし大人の発達障害の方の多くは人を自分の言動で支配するという発想は持ちませんし、むしろそういう人を支配下に置くような言動に心が捕らわれて、むしろ抑圧されてしまうこともあります。

 

大人の発達障害であるということを自覚していないと、発達障害の影響と性格の区別をつけにくいこともあるので、そこをついてくる人の言葉に左右されてしまうということもあり得ます。

 

モラハラのような言葉で追い詰められて適応障害や妄想などが出ると問題です。

 

相手の言動に戸惑いや違和感を感じたら、すぐに信頼できる人に相談すると良いでしょう。

 

 

大人の発達障害と目黒の病院

大人の発達障害の方で目黒に病院を探している方もいるでしょう。

東京の発達障害を診察できる病院をまとめているサイトが二件、出てくるのですが、その中に目黒区の病院も取り扱われています。

 

ただしインターネット上のデータが古く、診察できる医師がいなくなっていることもあるので、電話で確認をとることをおすすめします。

 

東京は全国の中でも病院数が多いので、自分の症状にあった病院を探していくのもいいでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法, 未分類