大人の発達障害の不注意に対する対処法に興味はありませんか?

   

大人の発達障害と不注意

大人の発達障害の方で注意力が足りないといわれることがあるのではないでしょうか?

 

服装がきちんと着られていなかったり、忘れ物をしてしまったり、不注意でミスをしてしまったり。

大人の発達障害の一つであるADHD (注意欠陥多動性障害)には注意力が低下しやすいという特徴があります。

 

特に記憶の一時的な保管庫であるワーキングメモリーの機能が弱いために、ものを置いたとしてもすぐに忘れ、うっかりや不注意が起きてしまうのです。

 

その対処法としては、基本的にはメモが有効でしょう。

 

仕事でやったことなどはメモをとってワーキングメモリーを補完しましょう。

 

またものを忘れる場合は、ものをむやみに移動させず、場所を固定させるとなくしたりすることは減るでしょう。

 

またADHDには症状を緩和させる薬が出ているので、自分の大人の発達障害の症状にお悩みの場合は試すと良いでしょう。

 

 

大人の発達障害と夫婦関係

大人の発達障害で夫婦関係について悩むことはないでしょうか?

 

旦那様が自分の言動に戸惑ったり、また自分自身も家事をするのにも時間がかかってしまう、予想外のことに混乱してしまうということがあるのかもしれません。

 

もしそうであった場合、不安が募っていくでしょう。

 

夫婦の関係に溝が出来かねません。

大人の発達障害の方でこのような症状が出るのは、自分の出来なかった部分をカバーしてくれた良き理解者がいなくなったことが大きいでしょう。

 

結婚するまで良き理解者がいたために、生活に支障が出なかったのです。

 

大人の発達障害の方の特徴や症状は薬や認知行動療法などで緩和することが出来ますが、周囲の協力も必要です。

奥さんであるあなたが大人の発達障害であるのなら、旦那様が自分のことを理解できるように、紙に自分の症状をまとめるなどして伝えると良いでしょう。

 

また旦那様でなくても、身近に自分の理解者を作ることは必要になってきます。

 

 

大人の発達障害と福井の病院

大人の発達障害の方で福井の病院をお探しの方はいるのではないでしょうか?

 

福井県の病院はとりまとめているサイトが二件ほどあります。

福井市を中心に病院があるようですが、小児科のみで発達障害を取り扱っている病院や、医師の異動のために現在大人の発達障害の方が受診が出来ない病院もあるかもしれないので、事前に電話で確認した方が良いでしょう。

 

大人の発達障害の治療は長いものになることが多いので、病院探しは念入りにすすめていきましょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害への対処法