大人の発達障害の治療費はどのくらい掛かるのでしょう?

      2015/09/13

大人の発達障害と治療費

大人の発達障害の治療費に関して、どれくらいの金額かかかるか気になる方もいるでしょう。

 

実情を先に言えば、病院によるとしか言えません。

 

「保健所」など公的機関から紹介された病院でも、診断方法が様々なこともあり、費用が数千円~数十万円と非常に流動的になります。

 

また病院で治療を始めても、薬によって高額なものもあります。

そのため特に治療方針が決まっていない場合は、発達障害について相談できる保健所などの公的機関で相談してみると良いでしょう。

 

また都道府県によっては、医療費の助成制度もあります。

公的機関に相談に行く際、そのことについて相談してみてはいかがでしょうか?

 

大人の発達障害の方が少しでもより良い治療を受けるためにも、病院の下調べは念入りにやるのが、良いでしょう。

 

 

大人の発達障害の方とチック

大人の発達障害の方でチックにお悩みの方はいらっしゃるのではないでしょうか?

瞬きが止まらなくなったり、過剰に咳払いをしたり、突発的不規則に体の一部が動作をしてしまう症状のことをチックと言います。

 

元々子供の発達障害と併発していくことがあるものでしたが、大概は子供のうちに治ってしまうものでした。

 

しかし大人になってからチックが起きてしまうということがあります。

これの主な原因はストレスと言われています。

 

大人の発達障害の方はその症状から社会との軋轢が生まれやすく、また仕事が続かないことによる経済難など大変なストレスを抱えることがあります。

 

そのストレスからチックを発症させてしまうことがあるのです。

 

チックを治すためには精神科などの専門医の治療を受けることが大事です。

 

同時に自分の周りの環境からストレスが減るような工夫も必要になってきます。

 

少しずつ、自分の環境を整備することがそれからの人生をより良いものにしていきます。

 

ゆっくりと自分らしく生きてみるといいでしょう。

 

 

大人の発達障害と大阪の病院

大人の発達障害の方で時間感覚が弱く、ギリギリに準備をしてしまい約束の時間に遅刻してしまったということが多かったということはないでしょうか?

大人の発達障害を自覚なしで生活していくことは、社会的に信用を損なったりすることが、多々あります。

 

そうならないためにも、自分は何の大人の発達障害を持っているのかを診断してもらうのが良いでしょう。

 

大阪の病院で、ギリギリに行動をしてしまう特徴のある大人の発達障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)について相談できる病院は大阪府各地に190件以上あります。

 

ただし病院によって特色が変わってきますので、事前に電話をしてどのような治療を行えるか確認するのをお勧めします。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害