大人の発達障害を診断する検査とはどのようなものなのでしょう?

      2015/09/10

大人の発達障害と検査

大人の発達障害かもしれないと病院に行って検査を受けたいと考えているが、 どんな検査方法を受けるか分からず、不安を覚えている方はいるのではないでしょうか?

 

大人の発達障害の方が受ける検査はIQを調べる知能テスト、ウェクスラー成人知能検査などがあり、病院によってはMRI検査も行います。

 

また知能検査の他に生育歴を事細かに調べます。

 

大人の発達障害の問題が顕在化したのが、つい最近でもその特徴や萌芽が子供の頃からあることが多いからです。

 

出来れば正確な生育歴が分かると診断がスムーズにいくこともあるので、診察を受ける時、家族にも来てもらったり、家族が記した記録などがあれば良いでしょう。

 

大人の発達障害の診断は難しいものがあり、診断には時間がかかります。

診断を待つことは負担も多いでしょうが、診断があなたの根源の生き辛さを精神的面で救っているくれるかも知れません。

 

焦らず、ゆっくりと待ってみましょう。

 

大人の発達障害の方と感情を読むと言うこと

大人の発達障害の方でしばしば空気が読めないと言われてしまったという経験はないでしょうか?

 

大人の発達障害の方は言葉の裏を読むことや、場の状況を読むと言うことを苦手とすることがあります。

 

例えば、頼ってこいという上司の言葉をそのままの意味で受け取ってしまい、本来自分で判断することでも、どんなことでも、聞いてしまい、不興を買うこともあります。

 

しかしこのことは大人の発達障害の方自身はどうして不興を買うのか理解が出来ません。

 

本人としては上司の言葉を言葉通りに頼っただけなのですから。

けれどこの意思の疎通のずれは言い方さえ変えることが出来れば、解消することも出来ます。

何故なら大人の発達障害の方は言葉通り素直に受け止めるからです。

 

具体的な説明がともなった言葉をかけることが出来れば、大人の発達障害の方はしっかりと作業を行えるのではないでしょうか?

 

 

大人の発達障害と計算高さ

大人の発達障害の方の多くは、非常に真面目で素直な方が多くいます。

 

裏もなく、姑息な計算高さがないことがあります。

そのために自分の内面にこもったり、頑固とも言える強固な考えを持つ方がいます。

 

そのような大人の発達障害の方を、インターネットの掲示板で悪く言うような方もいますが、気にしない方が良いです。

 

何故なら大人の発達障害の実態を外面だけで言っていることがあるからです。

 

信用できると判断した医師の情報や大人の発達障害の方が集うNPO法人、自助グループ、また個人でやっている当事者の方のブログなどから情報を集めた方がいいでしょう。

一番大事なのは自分がよりよく生きるために必要なものは何かと取捨選択することです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害