大人の発達障害の神戸の取り組みをご存じでしょうか?

      2015/09/10

大人の発達障害の神戸の取り組み

大人の発達障害の方で神戸で行われる当事者会はないかと気になる方もいるでしょう。

 

大人の発達障害の方向けのセミナーや最寄りの市を本拠地にして活動している自助会などが存在します。

ソーシャルスキルトレーニングを行っていることもあるようです。

 

しかし自助会は一度参加してみて、自分にとって居心地がいいか、相性が悪くないか、確認した方がいいでしょう。

 

また大人の発達障害の方が、自分を理解してもらえる場所は広範囲で探した方がいいでしょう。

幸い今はインターネットがあるので、大人の発達障害であると開示して活動している方もいらっしゃいます。

 

その方の活動を見たり、コメントで会話をするだけで、孤独感や孤立感の解消にもつながるでしょう。

大人の発達障害と告知

大人の発達障害の方で周囲に対する告知について悩むことがあるのではないでしょうか?

 

大人の発達障害の方は子供っぽい、常識を理解していないということを言われて、自分の立ち位置について迷う方がいます。

 

そのような方が大人の発達障害だという診断を受けると、ほっとすることがあります。

今まで悩まされていたものは自己の性格が悪いのではなく、障害のだったのだと安心するのです。

 

けれどもここからまた別の問題も起きていきます。

大人の発達障害だと知らない方は発達障害であるということを知らないからこそ、大人の発達障害の方を怒っていたからです。

その状態から大人の発達障害と告知したとして、反応が分かれるのも実情でしょう。

 

 

大人の発達障害と理解

大人の発達障害が理解されるのにはどうすればと思うことがあるでしょう。

 

障害の理解というのは難しいものがあり、人それぞれなところがあります。

話してみて、大人の発達障害者だからと忌避して、あなたを孤立に追い込むものもいるでしょう。

けれども必ずしも、そういう人ばかりでもありません。

大人の発達障害の方を身内などに持ったり、きちんと知識を持っている人もいます。

 

また当事者同士であれば、忌避されるかもしれないという恐怖は緩和されるのではないでしょうか?

孤立の克服を目指すには草の根の活動が必要になります。

 

インターネットでは大人の発達障害の方が活動されていることが多く、知り合うこともそれほど難しいことではありません。

もし当事者で相談出来るチャンスがあれば聞いてみるのも良いでしょう。

 

理解を得るためには、まず大人の発達障害を持つ方自身が動き出す必要があります。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害