大人の発達障害「吃音症」にお悩みではないですか?

      2015/09/10

大人の発達障害と吃音

大人の発達障害の方で吃音に悩んでいるということはありませんか?

 

発達障害の一つには吃音症というものがあります。

 

子供の頃に主などもりが出てしまうことが多いのですが、決して子供に多いという発達障害ではありません。

 

大人になるまで吃音が続いたり、青年期になって吃音が出るということもあります。

これは右脳の活動が過剰になったり、言語処理が始まる前に体が動いてしまうなどの脳の癖と環境的要因など様々な原因が積み重なって、発症しているようです。

 

そのため専門医のクリニックでの治療以外にも、環境の改善が必要になるでしょう。

吃音で聞きとりづらく、大丈夫なのだろうかと不安を覚えるかもしれませんが、ゆっくりと吃音の大人の発達障害の方の話を聞いてみてはいかがでしょうか?

 

安心してしゃべることが出来るという吃音の大人の発達障害を持つ方にとって、何よりの喜びになるでしょう。

 

 

大人の発達障害と空気が読めない

大人の発達障害の方は空気が読めないということを言われた経験はないでしょうか?

大人の発達障害の方は人の言葉の裏を読むことが苦手だったり、言動より行動が先に出たり、場の状況を読むことを苦手なことがあります。

そういう大人の発達障害の方に対して、「クズ」などの辛らつな言葉をぶつける方もいます。

 

しかし大人の発達障害の方自体は、自分の発言がそのような影響を与えると思って言っていません。

 

ただ分からないだけなのです。

 

大人の発達障害の方でも、きちんと言動や人との付き合い方を教えていけば、だんだんとですが態度は良くなっていきます。

常識だから、当たり前だからという基準で分かって当然だと考えない方が良いです。

大人の発達障害の方は素直な方が多いので、柔軟な姿勢で人付き合いの仕方を教えていけば、コミュニケーションもゆっくりとですが身についていくでしょう。

 

 

大人の発達障害とクレーマー

大人の発達障害の方でクレーマーになってしまうということがあります。

 

これは大人の発達障害の方が自分独自の基準やルールを持っていることがあり、それにとてもこだわってしまうことがあります。

 

その基準やルールが店のやり方とそぐあわなくなってしまう時に、大人の発達障害の方はクレーマーになってしまうということがあります。

 

けれども大人の発達障害の方を持つ視点というのは、普通の人がなかなか持てない視点の場合もあります。

その意見はお店の発展につながることもあるかもしれません。

 

話を聞いてみるのも、良いのではないでしょうか?

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害