大人の発達障害の方に向くお仕事とは?

      2015/09/08

大人の発達障害の向くお仕事は?

大人の発達障害の方に向く仕事の傾向には、関心のあることで、自分のやり方で動くことが出来、内勤でパソコン業務を行い、ルーチンワークであることが多いようです。

 

逆に苦手なことと言うと、予想外のことが多く対人要素が大きい、また緻密性が高くミスが全く許されない職場が多いようです。

具体的に言うと営業職や接客業、企画部門などになっていくようです。

 

ただこれは大人の発達障害である方は絶対やれないというわけではありません。

 

サポートを受けて苦手とされる仕事をする大人の発達障害の方もいます。

 

自分の特性を知ることは大事ですが、決して自分の可能性を減らさないように、仕事は見つけていった方が良いでしょう。

大人の発達障害の方と職場

大人の発達障害の方では職場でうまくいかないと感じる方が多いのではないでしょうか?

大人の発達障害の方には様々な発達障害の特徴が現れます。

何か特定の仕事に夢中になってしまったり、人の言葉の裏を読み取るのが苦手だったり、細かなチェック作業で見落としをしてしまったり、物事の優先順位を決められなかったり。

 

そのことで上司から注意がとぶこともあるでしょう。

しかしその時、大人の発達障害の方の中には感情の自制がきかず、怒りを覚えたり、また自分の状況が受け入れられないため、いいわけをしてしまうことがあります。

 

もちろんこの行為は会社からきちんと話を聞いていないと不興を買うこともあるでしょう。

そのことがきっかけにあなたは生きにくいと感じるかも知れません。

けれども、あまり自分を追い詰めないでください。

 

大人の発達障害の方が生きやすくなる方法は必ずあります。

会社でやりづらいと悩むことがあっても、まずは肩の力を抜いてみてください。

 

 

大人の発達障害と職場環境

大人の発達障害の方と職場との関係がうまくいくために、欠かせないのは職場環境を自己の特徴に合わせて変えていくことです。

大人の発達障害の方には様々な特徴があります。

得意なことと苦手なことがはっきりしています。

そのため自分の特性を病院で診断してもらい、どんな大人の発達障害を持っているのか、把握しましょう。

その上で現在の職場ではどのようなことが得意なのか、苦手なのか、チェックすると良いでしょう。

そのチェックの結果を上司や会社側に伝え協議しましょう。

そこでうまく自分の仕事の範囲を変えることが出来たのなら、是非とも変わった職場で自分の能力を生かしていきましょう。

 

自分の特性を生かるのならば、大人の発達障害であるあなたは、人の何倍もの能力を発揮する可能性があります。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害と仕事