大人の発達障害を診断出来る大阪の病院とは?!

      2015/09/07

大阪で大人の発達障害を診断出来る病院は?

大人の発達障害で大阪に在住されている方に、病院探しをどうすればいいかと考える方もいるでしょう。

どこに行ったら納得の出来る診察と診断を受けられるかと思うでしょう。

 

病院探しにはインターネット上で検索もかけられます。

大阪は大阪市に集まる傾向にあるようですが、各市にも病院はあります。

 

しかし大人の発達障害の診断を必ずしも受けられるとは限りません。

事前にチェックをしてどのような症状や特徴が出ているのか、把握した上で、電話で事前に確認すると良いでしょう。

大人の発達障害に大事なのは出来るだけ早期で、二次障害がない状態で病院の診断を受けることです。

出来るだけ生きづらさがなく生活をおくるために、治療や認知行動療法を受ける必要があります。

 

生きづらさや自分に対しての違和感を感じたら、一度、病院で診察を受けてみてはいかがでしょう?

大人の発達障害の方が生活出来なくなってしまう時は?!

大人の発達障害の方にはお金に困窮をしてしまうことがありませんか?

例えば大人の発達障害の方には睡眠障害を持つ方がいます。

 

夜眠ることが出来ず、昼間に眠気がきてしまい就業出来なくなってしまうこともあるのです。

 

またアスペルガー症候群を持っているのにも関わらず、場の空気を読まないといけない接客業につき、お客様の対応や職場の仲間との連携が出来ず、うつ病の二次障害を起こして働けなくなってしまうこともあるでしょう。

 

ではその場合、一番心配になるのはお金のことでしょう。

 

生活保護に頼るのに、躊躇があるかもしれません。

しかしそこまで経済的に困窮しなくても、お金を得られる手段があるのです。

 

 

大人の発達障害と障害年金について

大人の発達障害の方で二次障害などが原因で働けなくなることがあるでしょう。

そんな方を支援する年金があります。

 

障害年金です。

障害年金は加入する年金の種類によって、待遇を変えます。

国民年金加入者向けの「障害基礎年金」と厚生年金加入者向けの「障害厚生年金」と共済年金加入者向けの「障害共済年金」があります。

等級があり、一級から三級に分かれています。

 

ただし障害基礎年金に関しては、三級に指定されてしまうと支給されません。

二ヶ月の一度になりますが、障害年金が入れば、病院代や薬代などの補填になるでしょう。

 

また変化に弱く動揺しやすい大人の発達障害の方にとって、お金が厳しいのは心に負荷をかけます。

お金の面では障害年金に入れば心も落ち着く可能性も高まります。

二次障害が出てしまった大人の発達障害の方がゆっくりと療養するためにも、障害年金を申し込むことを考えてみては、いかがでしょうか?

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 

 - 成人期の発達障害