大人の発達障害の方を理解するためには?!

      2015/09/06

大人の発達障害の方を理解するために

大人の発達障害の方を対応するためには、まず状況を見ることが大切です。

大人の発達障害の方が二次障害に苦しまれているのなら、休ませて、その治療をする。

 

また仕事の環境に悩んでいるようなら、職場環境を整えることが大切になるでしょう。

 

そもそも、本人の気持ちや大人の発達障害事態の理解が進まないのなら、その地域にある大人の発達障害の自助会や、サークルなどに問い合わせてみるのもいいでしょう。

 

大人の発達障害の方の自助会で行われている定例会に参加するのも一つの手です。

大人の発達障害の方が心を損ねてしまった場合、その方の改善には長い道のりが必要です。

一日で治るということはありません。

 

ですので、じっくりとその方に寄り添うことが大切でしょう。

大人の発達障害は気づかれない?!

大人の発達障害の方には自分のミスに嫌気を起こし、自分を責めてしまうあまり、人に対して攻撃的な態度をとってしまう方がいます。

これはミスをきっかけに感情が高ぶってしまうのです。

大人の発達障害には感情の自制を苦手とするものがあります。

この時の感情の勢いはすさまじく、本人は心の中でだけ言うつもりだった言葉が、口から勢いよく飛び出してしまうということもしばしばあるのです。

大人の発達障害の方は障害の影響で、社会生活に不適応な態度をとってしまったり、おっちょこちょいの子供のように何度も同じミスをしてしまいます。

そのくせ本人は周囲の不興を買っていることを気づかないこともあります。

周りの方も疲れてしまいますが。大人の発達障害の方本人も。

自分の特徴に疲れていることがあるのです。

 

 

大人の発達障害の方は知能に影響はあるのか?

大人の発達障害は脳の機能に障害が起きています。

けれども、それは知能ではないので軽度発達障害と称されることがあります。

 

しかし知能に影響がないとは言え、その実生活は大変なものがあるのです。

ただし学生生活の間だと、親の保護下にいるため、発達障害の特徴が気づかれないことがあるのです。

優秀な成績を修めたために、大学まで進学する大人の発達障害の方もいます。

 

大人の発達障害の方にとって、試練となるのは学校を卒業して、就職した後になるでしょう。

大人の発達障害だと気づかないまま、仕事をはじめた方は、コミュニケーションを第一に動く職場のあり方や、雑務の細々としたことなど、健常な方に比べて動くことが出来ず大変なものがあったでしょう。

 

大人の発達障害の方が周囲のサポートなしに仕事をするのは辛いものがあります。

このような時、大人の発達障害の方は環境適合できず、二次障害を起こしてしまうことがあるのです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害