大人の発達障害の大阪、京都の病院の現状に関心はありませんか?

   

大人の発達障害の大阪、京都の病院の現状は?!

大人の発達障害の方の大阪での病院状況は、大都市のためか各地にあります。

 

また大人の発達障害であるADHDの薬を使える病院は、医薬品会社の外部サイトを参照すると二百件近く存在しています。

京都を見てみると、京都市に比較的病院が集まっているようです。

 

ADHDの薬を出せる病院は、大阪に比べると少なく五十件弱となっています。

大阪、京都は距離が近いので、こちらに在住されている大人の発達障害の方は病院の特徴などを、病院に電話して聞いたり、またどのような治療をしているかどうかを、インターネットで調べるのも良いでしょう。

 

大人の発達障害は脳の機能障害のため、治ると言うことはありませんが、改善の余地はある障害です。

改善していく道は困難がありますし、決して全ての人に理解されるとも限りません。

けれども諦めずに、改善を目指した先には、自分を理解してくれる存在に出会える可能性も高まります。

大人の発達障害の家族の困った癖?

大人の発達障害の方でこんな方が家族にいませんでしょうか?

家庭や外を問わず、虚言癖がある大人の発達障害の方が。

人の気持ちが分からず、正しく事態を理解していないため自己本能が強くなってしまい嘘をつくということもありますし、ADHD(注意欠陥多動性障害)ではミスが多いために自己評価が低くなってしまい、他人に対しひねくれた態度をとって、相手に侮られたくないという思いから嘘をついてしまうことがあります。

 

大人の発達障害の一つであるADHDの方が嘘をつく場合、多くは整合性のとれていない嘘をついてしまうために、周囲の人からの信頼を失ってしまうのです。

ただそれでもADHDの全員が嘘をつくわけではありません。

嘘の範囲も話を大げさにするものから、人からの信頼を失うようなものまでそれぞれになるのです。

 

 

大人の発達障害の虚言癖からの脱却には?!

大人の発達障害の方の虚言癖のある方は、決して悪人というわけでではありません。

むしろ精神的な脆弱さのある方が多いです。

 

嘘をついてしまう大人の発達障害の方は嘘の無意味さを自覚できていない場合があります。

嘘を自分の周囲が見抜いていることや、嘘をつくことのリスク、それをまず自覚するといいでしょう。

 

また専門医によるカウンセリングもおすすめです。

嘘をついてしまうのはただの虚言癖なのか、それとも病気によるものか、その診断を受けるのは有効です。

もし病気によるものなら、病気の治療が必要ですし、癖によるものなら嘘の無意味さを自覚し、少しずつ嘘をつく自分と向き合ってみると良いでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害