大人の発達障害の方が国からの支援を受けるには?!

   

大人の発達障害には手帳が必要なことも

大人の発達障害と病院にて診断されたあなたは、会社で仕事を始めましたが、うまく勤めることが出来ませんでしたとします。

会社で業務の配慮が得られれば良いのですが、そうはうまくいかないのも現状です。

特に中小企業では、特別扱いとして配慮が出来ないことを説明する場所もあります。

 

一般就職が難しいとなった場合、障害者枠での就業を探すのはいかがでしょう。

そのためには発達障害者は精神障害者が持つ、精神保健福祉手帳を持つことになります。

もちろん抵抗は強いことなので、無理になることはないのですが、東京では交通面の援助や税制の免除などメリットもあります。

 

また就業面で発達障害者として配慮を受けることが出来るのです。

手帳は普段携帯をしなくても良いので、知らせたくない人には大人の発達障害を知らせる必要がありません。

自分を助けるアイテムの一つとして持つことを考えてみてはいかがでしょうか?

大人の発達障害と不思議ちゃん

大人の発達障害の方は障害発覚以前の学生の頃に、こう言われたことはないでしょうか?

不思議ちゃんだと。

感性が変わっていて、人との調子がうまく合わない、天然だと。

もちろん日常生活のほとんどを問題なく行えたのなら、その発達障害の影響は限定的なものだったでしょう。

大人の発達障害者のあなたを嫌う人もいたでしょうが、好いてくれた人も必ずいたはずです。

 

けれど大人になってみると、自分の大人の発達障害の特徴であなたは大変苦しかったでしょう。

学生自体は個性として処理された症状が弊害として、あなたの壁になって現れたのですから。

 

ではこのような時、どうすれば良いでしょう?

 

 

周知されはじめているが、診断基準が曖昧な大人の発達障害

大人の発達障害は昨今、メディアで取り上げられて、その関連の本や雑誌は書店で並ぶようになっています。

またインターネット上では大人の発達障害の様々な症状に当てはまるかどうかのチェックリストも出てきています。

大人の発達障害かも知れないと思ったら、一度本を読んだり、チェックリストを使ってチェックすると良いのかも知れません。

 

そうして自分で調べた際、大人の発達障害の疑いが色濃くなったとしましょう。

 

けれど日本では大人の発達障害の診断を確実にしてくれるという意味での病院は非常に数が少ないです。

実際その診断をほとんどしたことがなく、患者から話を聞くだけで、大人の発達障害ではないと言い、知能検査も受けさせないという病院もあるようです。

そのため病院探しは、様々なところから情報を入手して、慎重に決める必要があるようです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害と仕事