大人の発達障害による生活の不便を解消する方法を知りたくありませんか?

      2015/09/03

大人の発達障害による生活の不便の解消は?!

大人の発達障害の一つであるADHDの方は生活に工夫が必要になってきます。

物事の優先順位が決められない方は、家族の協力などを得て、家事の順番ややるべきことの順番を考える必要があります。

 

時間管理が苦手な方はキッチンタイマー等を使うと時間管理が楽になります。

 

特定の家事がどうしても出来ない方は、精神保健福祉手帳を取得して、住んでいる市町村に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

福祉サービスを使って、ヘルパーの方を呼ぶのも手かも知れません。

 

生活がきっちりとしていけば自然とコミュニケーションに集中することが出来ます。

 

福祉サービスを使って生活訓練施設というものもあるので、そこで勉強するのも良いかも知れません。

 

大事なことは大人の発達障害を受け入れて、それをどう改善していくかと考えていくことです。

 

ADHDの女性

大人の発達障害のあなたが神奈川の病院まで、電車で出かけたとします。

途中で乗り換えをした時に、バックに入れていた切符が見当たりません。

大人の発達障害のあなたは、それに苛立ち、焦り、キレそうになりました。

 

普通の人ではあまりないだろう強い怒りには原因があります。

 

大人の発達障害です。

 

大人の発達障害の一つにはADHD(注意欠陥多動性障害)があります。

ADHDは強い衝動性があり、考えるよりも先に言葉や行動が出てしまうのです。

これが大人の発達障害であるあなたから強い怒りを引き出してしまうのです。

 

またADHDには強い不注意やものを片付けるのが苦手という症状があります。

とくに女性の方は、このADHDによって追い詰められるという事態が多いのではないでしょうか?

 

 

生活に支障をきたすADHD

大人の発達障害をもつ主婦のあなたにとって、家事や周囲とのコミュニケーションは大きな負担になることではないでしょうか?

ケアレスミスが多く、午前のうちに家事を終わらせようと思ってもうまくいかない。

時間の管理が出来ない。

夕方子供を迎えに行って、そこでご近所の方と話をしても、思ったことを話してしまい、相手の不興を買う。

いらいらがたまっても、時間通りにやるべきことをやれない大人の発達障害のあなたには理解者がいない。

そのために衝動買いをしてしまう。

 

または大声を上げたり周囲の人が驚き、引いてしまうこともあるでしょう。

 

家事やコミュニケーションに人一倍気を遣うことが多い女性にとって、大人の発達障害の一つであるADHDであるということは負担が大きいのです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害