大人の発達障害の方との対応方法をご存じでしょうか?

   

注意欠陥障害による社会生活の影響

大人の発達障害のあなたは自分の不注意で人に迷惑をかけたことはありませんか?

その不注意したことは再度起こさないように気をつけても、今度は別のところで不注意によるケアレスミスをしてしまう。

何度も繰り返してしまうミスで大人の発達障害のあなたは自信をなくし、周囲からもミスが多い要注意人物扱いをされてしまうこともあるでしょう。

大人の発達障害の一つに、多動性のない注意欠陥障害(ADD)というものがあります。脳の前頭葉や小脳の一部の働きが低下や弱小化して起きるものです。

 

なので注意をしても、注意しきれないという特徴があります。

残念なことですが、大人の発達障害は脳の機能障害であるため、現行の医療技術では治癒は出来ないのは現状です。

 

 

大人の発達障害の対応方法

大人の発達障害を身近な人が持っていたと知り、そうして治癒の見込みがないことに、戸惑うことはあるでしょう。

大人の発達障害の方はその症状で社会生活に支障をきたすようになってから、自分について疑問を感じた方です。

 

大人の発達障害の方当人もその周囲の方も、それまでは「健常者」であると認識していました。

それが障害者であるとことの衝撃は大きいでしょう。

 

日本では障害者を弱者として、可哀想な人として扱われることが多いですから、そのギャップは大きいものです。

だからといって、その衝撃をあまり態度に出さないようにしてください。

対応方法を変えると言うこともやめてください。

発達障害者であるという事実に打ちのめされているのは、誰よりも当事者の方であることが多いからです。

大人の発達障害者であると言うことにどうすれば良いか分からず、変に優しくしたりうかがいたてるような真似をしたりすると、その人の症状は悪化することもあるのです。

 

 

大人の発達障害の対策

大人の発達障害の方の不注意対策の一つとしては、本人と周囲の人によるダブルチェックや、チェックリストを作って、作業を逐一確認するなどの方法があります。

ただ大人の発達障害の方はそれぞれ弱点が微妙に違ってくるので、様々な本や、大人の発達障害を持つ方のブログを見て、自分なりのやり方を見つけていと必要が出てきます。

 

また大人の発達障害者の方とお話が出来る機会があったら、その方に話を聞くのも参考になるでしょう。

 

きちんと対策をたてることが出来れば、大人の発達障害の不注意によるミスを完全になくすことが出来ませんが、周囲の人に迷惑にならない程度には、ミスを減らすことが出来ます。

諦めずに、改善を目指していきましょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害