大人の発達障害の診断で大切な事とは?!

      2015/09/02

大人の発達障害の診断で大切なこと

大人の発達障害で大事なことは病院探しです。

 

大人の発達障害の診断は難しく、東京などでは病院数が多いのですが、地方だと大人の発達障害を表札に掲げるような病院は限られてくるのではないでしょうか?

インターネットではピアサポートブログが各県の病院の検索方法について載せています。

それを参考にして、探してみて受診し、診断を受けるのも良いかと思います。

 

さらにそこで医師の診断内容や治療方針に納得できるかが大切になっていきます。

医師だからと言って、自分の納得のいかない治療は大人の発達障害の症状を悪化させるかもしれません。

納得の出来る病院と医師の存在が大人の発達障害であるあなたの生きやすさに直結していくのです。

大人の発達障害と独り言

大人の発達障害なのだろうかと疑ってしまう方が職場にいることはないでしょうか?

仕事のケアレスミスが多い。

一つのことに集中してしまい、周囲の迷惑に気がつかず独り言を呟いてしまう。

コミュニケーションがうまくとれない。

冗談が通じず、言った言葉の裏が理解できない。

その他様々な違和感のある状態ではないでしょうか。

 

もちろん医師ではないあなたには、その方が大人の発達障害であるかどうかは診断できません。

 

しかしその大人の発達障害を持っているかも知れない方と信頼関係があるのでしたら、一度インターネットを使って、チェックをして、病院に受診するのはいかがでしょうか?

なぜなら大人の発達障害であるかどうかで、その方を注意する方法が変わっていくからです。

 

 

自分は大人の発達障害なのでは?!と疑ったら

大人の発達障害なのではと疑問を投げられたあなたは最初、困惑するでしょう。

健常者であると信じて、ミスをなくすように頑張っているが、改善の道のりが遠く疲れていたあなたには、さらなる追い打ちに感じるかもしれません。

 

けれど少し、少し落ち着いて考えてみてください。

大人の発達障害であると疑われたあなたの人生は果たして順風満帆なものだったでしょうか。

 

人とのコミュニケーションや会話がうまくいかず、普通じゃないと指を指されたり、うまくいかないことから、ひきこもりをしたということもあるかもしれません。

 

また結婚している方でしたら、夫婦の会話が成立しづらかったり大人の発達障害の影響からか、自分だけで何かを決断してパートナーを振り回したりして、相手を疲弊させ、離婚危機に陥ることもありませんでしたか?

 

もしかしたらその原因の一つに、大人の発達障害がからんでいるかも知れないのです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害