大人の発達障害の方との接し方にお困りではないですか?

      2015/09/01

大人の発達障害の方と職場

大人の発達障害の方の職場での対応に迷う方は多いのではないでしょうか?

 

大人の発達障害の方はどうしても仕事のミスが多い傾向にあります。

仕事に適性が向いていればよいのですが、予測のつかないことなどに弱く、手先が不器用な傾向のある大人の発達障害の方の接し方に悩むことがあるでしょう。

 

この心情は大人の発達障害の方も重々承知していることが多いのです。

そのため苦手なことに挑戦し、相手に合わせることに執心してしまい、逆に空回りしてしまうこともあるのです。

 

どちらも相手のことを考えているのに、お互いの気持ちが噛み合わないことが不幸です。

そうならないように、まずは一度、どういう状況になっているのか、お互いに話し合い、一息をつける必要があるのではないでしょうか?

 

 

大人の発達障害の方の接し方

大人の発達障害の方は脳の発達がアンバランスだったため、様々な特徴を持ってしまった人間です。

 

その特徴を生かすことが出来れば、優秀な社員になるのでしょうが。

それが出来ない場合、本人も周囲も苦しむことになるのです。

 

状況によっては、失敗をしたことを伝えるのも怖くなり、嘘をつくこともあるでしょう。

 

出来ない仕事があったり、人間関係でうまくいきづらかったり、例えば恋愛感情を持つ女性によく知りもしないのに、距離感がとれず大人の発達障害者は馴れ馴れしくしてしまうことがあります。

 

けれどその特徴を踏まえてその大人の発達障害の方を見た時、けして悪い人間ではないことが多くありませんか?

 

大人の発達障害の持つ方の多くは、真面目で人をだますことを考えない素直な方が多いのです。

 

大人の発達障害者だから特別な接し方が必要なわけではありません(配慮は必要になりますが)それほど難しいことではないのです。

 

普通の人と同じく、大人の発達障害者の方は、誠実な態度を一番望んでいるのです。

 

 

大人の発達障害の方と職場での対応

大人の発達障害の方との職場での対応で必要なのは、その大人の発達障害を持っている方がどのような特徴を持っている発達障害であることかを知ることです。

発達障害とカテゴライズされてはいるのですが、実態としては大人の発達障害は人それぞれなのです。

 

その特徴を知り、現在の仕事との適合しているのか照合します。

そうして向き不向きを調べて仕事を調節し、同僚などの周囲への理解を求めていくことが、大人の発達障害の方を最大に生かしていく、手短で確かな手段になるのです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 未分類