大人の発達障害の方のコミニュケーション方法に興味はありませんか?

      2015/08/31

大人の発達障害と空気が読めない

大人の発達障害のあなたは空気を読むのが、苦手としているでしょう。

厳密に言えば、人との距離感がうまくとれないことがあるのではないでしょうか?

人との距離感が分からず、緊張してどもってしまう場合もあると思います。

または警戒を解いた相手に必要以上に近づいたりして、相手に不快な印象を持たせた経験はないでしょうか?

そんな大人の発達障害のあなたに陰口をたたくものもいたかもしれません。

「空気が読めない、クズだなぁ」というものもいたかもしれません。

大人の発達障害であることを知らなければ尚更です。

 

これは大人の発達障害であるあなたにコミュニケーションスキルがないというよりは、障害の影響で人の言っている言葉の裏が読みとれないということが影響しているのかもしれません。

 

 

言葉の裏が読みとれない

大人の発達障害の方は個人差はありますが、空気を読むことを苦手としていることがあります。

とくに自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の方は言葉を表の意味でとってしまうことが多いです。

 

日本語はやっかいなことに、場合や状況に応じて聞こえた言葉と意味が違っているものがあります。

 

例えば会社の宴会で「この宴会は無礼講だ」と言われた際、大人の発達障害の方はそのままの意味で、無礼講をしてしまいます。実際の意味は、飲み会なので盛り上げていこう程度の意味で、実際に上司に無礼な口をきくものはいません。

しかし言葉の裏が読めない大人の発達障害であるあなたは、無礼講と言うことで、上司に例えば「上司は髪が薄いのですから、剃った方がかっこいいですよ」と言ってしまうことがあるかもしれません。

そうなった時、大人の発達障害であるあなたは会社からの信頼を著しく失うことになってしまうのです。

 

 

大人の発達障害と孤独

大人の発達障害のあなたはどうしても言葉の表と裏が読みとれず、会話がうまく成立できないことが多いでしょう。

場合によっては理解者が得られず、孤独を覚えるでしょう。

どうやったって、理解者どころか、友達も出来ないと嘆くかもしれません。

ですが、そこでどうか、諦めないでください。

自分は人の言葉が理解が及ばなかったとしても、大人の発達障害であることを自覚し、自分の思考の癖を理解すれば、聞いた言葉の意味の本質を理解せずとも、適切な対処は出来ます。

 

適切な対処が出来るようになれば、大人の発達障害であるあなたの周りには、必ず理解してくれる人が現れてくるでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 未分類