大人の発達障害でついキレてしまった時の影響の対策に関心はありませんか?

   

大人の発達障害のついキレてしまうあなたへ

大人の発達障害であるあなたはついキレることはありませんか?

発達障害の一つであるADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴に感情の自制がきかないことがあります。

考えるよりも先に言葉や行動に出してしまいます。

 

また自閉症スペクトラム(アスペルガー)でも、時間に一分ほど遅れてきた等、自分の許せないことになると、激しい怒りを見せることがあります。

 

周囲の人間にはたいしたことではありませんが、発達障害のあなたにとっては大問題になのです。

 

また発達障害の人の特徴としてイレギュラーなことに対しては弱いということがあります。

突然的にやってきた仕事、予定には入っていない寄り道などに、大人の発達障害であるあなたは混乱し、キレてしまうことがあるでしょう。

しかしそれが結果として、周囲の人の迷惑となり、そうして自分にとって損になることを、キレた瞬間のあなたは想像できないのです。

大人の発達障害の方は記憶力が弱いために、自分の行動がその後どうつながるのかということを想像しづらいところがあります。

 

 

キレてしまったことの影響と対策

大人の発達障害であるあなたは、自分にとって正当なことで怒り、ついキレてしまっただけなのに、周囲の人はそうは見てはくれません。

あなたの状況を知らなければ尚更です。

あなたを恐れ腫れ物のように接してくる方もいるでしょう。

キレたら何をするか分からないと陰口をたたくモノも出てくるでしょう。

大人の発達障害の影響によって、あなたは孤独を覚えることになると思います。

それほど悔しく空しいことはありません。

人間不信に陥ることもあるのかもしれません。

辛くて苦しい思いを味わうでしょう。

それはさらにあなたを追い詰めて、大人の発達障害を悪化させ、さらにキレてしまう事態を招くのです。

キレることを何度も繰り返しことは、大人の発達障害のあなたから社会の居場所をなくすことへとつながります。

このような状況になった際、大人の発達障害であるあなたは自分のキレやすさに困り果てるでしょう。

キレやすさが表に出やすく衝動性が強いADHDの場合であれば、投薬による治療が可能です。

自分ではどうしても抑えられないキレやすさ(衝動性)の対策は、薬の治療も含めて病院等で検討するのが必要でしょう。

 

焦ることもあるでしょうが、ゆっくりと自分について考えていきましょう。

自分の発達障害という性質ときちんと向き合い、考えることが大切なのです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害