大人の発達障害の方の対応にお悩みではないですか?

   

大人の発達障害の対応

大人の発達障害の方の対応について悩まれることがあるでしょう。

発達障害の方は思考にその人独自の癖があるだけで、それ以外は健常な方との違いはないと言えます。

 

むしろ思考の癖に引っかかる要素は、大人の発達障害の方が自覚的であればあるほどにはっきりしていくので、ある意味健常者より付き合いやすいものです。

 

一番大事なことは恐れないことです。

 

大人の発達障害である方は自身の障害に自覚的になればなるほどに、今までの社会生活を思い出して傷ついています。

 

孤独感を募らせているものなのです。

 

健常者との会話で傷ついた大人の発達障害の方が人を拒絶するという事態もあるでしょう。

 

けれど自分の発達障害を理解しながら、それでも人と会話をしたいという方も多いのではないでしょうか。

 

 

例えば一緒に桜を見ていたとします。

健常者のあなたは花の美しさを褒め称えます。

発達障害を持った方は桜の美しさについて理解が難しいとします。

むしろ必ず春に咲く桜はどういう仕組みを持っているのかと興味を持っています。

その時、あなたは桜の美しさを分からない大人の発達障害の人を、障害者として除外しないでください。

 

そういう花の見方もあるのだと認めて欲しいのです。

 

もし認めてもらえたら、大人の発達障害の方はとても喜ぶでしょう。

 

 

人と違った観念を持って良いと感じることは、同調性が求められる社会で苦しむ大人の発達障害の方を救うことになるのです。

 

 

 

発達障害の方との会話に迷ったら

大人の発達障害の方と話してみようと考えたあなたは、どんな話をすればいいのか迷うこともあるでしょう。

大人の発達障害の方は長く話を聞くのが苦痛な方がいます。

短く完結した話をするのはいかがでしょう。

短くて大丈夫かと思われるでしょうが、集中力があまりもたない特徴のある大人の発達障害の方にはこの話し方は有効なことがあります。

 

また話が長くなりやすい特徴がある大人の発達障害の方には、やんわりと話の流れを区切り、別方向に話を誘導することが大事です。

本人は話しながら考えているため、周りの状況が見えないことがしばしばあるのです。

 

それでも、うまく会話が成立しないということがあるでしょう。

その場合大人の発達障害の方が行っている、病院や支援施設、支援団体に相談に行くのはどうでしょうか。

そこには面接などで集められた大人の発達障害の方の情報があります。そこで大人の発達障害について知り、会話にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害