大人の発達障害を診断してくれる病院について知りたくありませんか?

   

大人の発達障害とは?

大人の発達障害についてお悩みのあなたは、こんな特徴はありませんでしたか?

 

子供の頃から落ち着きがない、グループ行動がとれない、相手の言う冗談が理解出来ない等の特徴です。

 

大人の発達障害は子供の頃にもその特徴が現れることがあります。

ただそれでも発達障害を気付かれないこともあるのです。

LD(学習障害)だと話は別なのですが、それが出ていない発達障害の場合、学習面では問題がないことがあります。

 

そのため障害を見過ごされ、成人し、仕事などで支障が起きます。

そこで初めて大人の発達障害であると知ることになるのです。

 

 

大人の発達障害の症状

大人の発達障害のあなたは、大人になってから自分に対して、疑問を感じたことはないでしょうか?

人は当たり前に出来るのに、自分がやるとうまくいかない、それどころか非常に困難を覚えるようなことがありませんでしたか?

 

それは主に、仕事の現場でありませんでしたか?

 

例えば、記憶力が弱く頼まれたことを忘れてしまう。

感情が高ぶると記憶力はさらに弱くなり、自分のメモ書きを読んでも意味が分からない。

そのために頼まれた仕事を遂行できず、上司や先輩から注意されてしまう。またこんな場合もあるのではないでしょうか?

注意力が弱い。

そのことを注意されて気をつけても、見落としのないように書類のチェックをしたのに、誤字脱字などのミスをしてしまう。

自分の持っているルールが異常に強い。

自分は時間通りに来ているのに、断りもなく一分でも相手が来るのが遅いと、とてつもない怒りにかられてしまう。

相手の言うことが曖昧だと、どうしたら良いのか分からない。少しでいいんだ、だいたいでいいんだと指示されても、自分ではその裁量が想像できない。

 

そんなたくさんの細かい困りごとで、動けなくなることはありませんか?

そうして周囲の人々から厳しい目や言葉をもらい、頭を抱えることはありませんか?

自分でもどうにかしたいのに、泥沼にはまったようにうまくいかず、心がくだけてしまいそうな瞬間がありませんか?

 

大人の発達障害の可能性がある方は、そこで病院に行くことをおすすめします。

 

 

大人の発達障害と病院の診断

大人の発達障害の診断は病院によって行われます。

ただし、大人の発達障害の診断は難しいところがあり、受診する先生のスタンスによって診断がおりるかどうか違ってきます。

それでもまずはインターネットなどで病院を調べて、診断を仰ぐことが必要になってきます。

「発達障害」は治るモノではありません。

しかし様々な治療法で行動を改善し、障害による弊害を軽減することが出来ます。

大人の発達障害のあなたを今追い詰め困らせている症状や特徴は、あなたの性格がだらしないから、うっかりだから起きるモノではありません。

大人の発達障害が問題であり、あなたは悪くないのです。まずは病院に行き、診断を仰いでみましょう。

 

そこから大人の発達障害であるあなたの人生は、新たなスタートをきることが出来るかもしれません。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害