大人の発達障害を抱えながらも仕事を上手くいかす3ステージに興味はありませんか?

      2015/08/13

大人の発達障害を持っていると、一般の人が簡単に昇っていく階段をさながらとても苦労して上っていかなければならない印象をお持ちだと思います。しかし大人になると、ライフステージが上がっていくのはどうしても避けられません。今回は、大人の発達障害を抱えながらも仕事を上手くいかす方法を3ステージに分けてでお伝えします。

 

大人の発達障害の第一ステージ、仕事探し

大人の発達障害のあなたは、「第一ステージは学校でしょ?」と思うかもしれません。でもここでは、大人になってから発達障害を知って悩んでいる人のために、大人として最初のステージから始めます。それは、仕事探しです。

求職活動をした方はご存知でしょうが、氷河期は終わったといえ、条件のいい仕事はほとんど回ってこないのが普通だと思います。

そこで、仕事に対するこだわりが必要になってきます。何でもいいから働ければいい、という生き方は、発達障害をお持ちの方にはとてもつらい選択です。条件をあぶりだしてみましょう。

お給料はどれくらいほしいでしょうか?

何をやりたいでしょうか?

あなたの特性のどこを大事にしてほしいですか?

求人広告でわからない場合は、直接会社に問い合わせてもいいですし、給食フェアなどに行ってみるのもおすすめです。

ハローワークなどでは求人も紹介してくれます。

探し方は様々ですが、合わない仕事だけは受けないようにしましょう。

解雇のあと、悔やんでも遅いのです。

クビになった経験のある方は、どうしてもその後の仕事に恐れが出てしまいます。

仕事そのものが怖いと思ったら、社会復帰は困難です。

就職前に気を付けたいポイントです。

大人の発達障害の第二ステージ、上司になる

大人の発達障害でお悩みのあなたも、軽度なら頑張って働けていることでしょう。発達障害の方は、自分の悩みを抱えながらたいへん真面目に仕事をする人が多いのが特徴です。職場で上司になってしまうことがあるのです。

部下を使わなければいけなくて、人間関係にさらに複雑さが増します。

コミュニケーションが苦手なのに、後輩教育を任されてしまうのです。

こういった状況が、苦しいタイプと負担に思わないタイプがあります。人と関わる仕事には、ある程度の煩わしさと面倒や困難が付きまといます。自分で状況と戦いながら、後輩の面倒まで見なくてはならないのは大変だと思います。

自分で自覚しているトラブルがあるなら、最初のうちに素直に伝えておくことです。

後輩に弱みを見せるようで嫌かもしれませんが、言わないでいて指摘されるよりましだと思いませんか?

 

大人の発達障害の第三ステージ、親になる

発達障害をお持ちのあなたも、親になる日が来ます。まず悩むのは、仕事と子育ての両立でしょう。仕事と子育ての両立は本当に大変です。

そうでなくても、二つ以上のことを同時に行う処理能力に困難があるのが発達障害の特徴ですから、いろいろやらなければならないことが増える子育ては、本当に大変です。

パニックを起こしてしまうかもしれません。

あなたと子供との関係のために、工夫が必要です。あなたが女性だったら、夫のサポートは不可欠です。一番身近なところでは、乳児健診などの定期検診でお世話になる看護師さんに相談に乗ってもらうといいと思います。

発達障害と付き合いながら、人生を楽しんでください。

そのために、やがて来るステージを誰のサポートを受け、どう生きていきたいのか、考えてみることは決して無駄ではありません。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害と仕事