発達障害者支援センターの愛知、長崎、岐阜県の取り組みに関心はありませんか?

      2015/08/16

発達障害者支援センターの各地の様子をピックアップしてみます。

発達障害者支援センター・愛知県の場合

発達障害者支援センターは、国及び地方公共団体の「設置義務」です。任意設置ではないので、都道府県及び指定都市には必ず置かれることになっています。

東京都八王子市などは中核市に当たりますので、こうした中核市には設置義務はありません。

兵庫県は兵庫市、広島県は東広島市、愛知県は名古屋市が指定都市となっています。

大きくても、青森県八戸市など、指定都市ではないところは設置されていません。

愛知県には、豊橋市に「豊橋障害者就業・生活支援センター」が設置されており、実際に就労をあっせんする、「あっせん型」というセンターがあります(対象は東三河全域です)。就労に特化して相談したい方は、直接こちらへ相談することができます。

愛知県には障害者雇用に力を入れている特例子会社も多く、支援方法も多岐にわたります。現在離職中の方、休職中の方も利用でき、評判も良いようです。

発達障害者支援センター・長崎県の場合

発達障害者支援センター「しおさい」は、長崎県のセンターです。診断がなくても、気になることがあったら相談をすることができます。

当事者だけでなく、支援する人のための相談も行っています。

来所と通信、二通りの方法で相談することができます。

こちらは就労のあっせんなどは行っていません。

就労斡旋と一体になっているところはほとんどなく、多くがセンターから就労移行支援の機関を紹介してもらう形です。

長野、栃木など関東圏、富山、新潟など北陸圏はほとんど紹介型で、あっせんは直接行いません。

京都市の障がい者就労支援推進会議では、発達障害者独自の就労支援ををめざして、京都市のセンター「かがやき」で半年ほどの就労準備プログラムを受けることができます。

京都府のセンター「はばたき」は、府内に5つの支援センターを持ち、就労支援センターと連携をすることによって就労支援をしています。

発達障害者支援センター・岐阜県の場合

発達障害者センターには、時々変更があります。昨年まで「のぞみ」と名前がついていた岐阜県の発達障害者センターは、平成27年4月1日から「岐阜 障害者総合支援センター」という名前になりました。

こちらの大きな特徴は、家族会の存在です。

家族の理解を得ることで、発達障害者は家庭でももっと生きやすくなります。

また、発達障害が疑われる方の就労支援を行う「コンシェルジュ」が平成25年度から配置されているのも特徴です。

発達障害者の家族に発達障害のことを理解してもらおうという試みは、奈良県の発達障害者支援センターでも行っています。親子関係を見直すための「ペアレントトレーニング」が行われ、参加者も徐々に増えてきています。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害者支援センター