発達障害者支援センターは、大人にとって何をする場所なのでしょうか?

      2015/08/16

発達障害者支援センターは、各地で違いはあるかもしれませんが、大人に対して相談支援、発達支援、就労支援、普及や啓発活動などを行っています。

発達障害者支援センター・大人への発達支援

大人の発達障害でお悩みのあなたは、もう社会人年代でしょうか?発達支援というのは、主に心理検査によって、本人の特性を把握し、医師による相談などを行いながら、どうしたらいいかを一緒に考える支援です。

特性には、コミュニケーションのトラブルの原因や、対人関係などのトラブルの原因になることが含まれていることがあります。逆に、自分では長所だと思っていなかったことが思いがけず長所だったりすることもあります。

自分を客観的にみるための支援だと思ってください。

自分を客観的にみることができると、トラブル回避のためにしなければならないことも見えてきます。

 

発達障害者支援センター・大人への就労支援

発達障害者支援センターは、大人への就労の窓口にもなります。障害者職業センター、ハローワーク、障がい者就業・生活支援センターなどへの紹介をしてくれます。

紹介の前に、あなたが今いる職場でうまくいかない原因を探り、うまくやっていくにはどうしたらいいか、職場環境をどう変えればうまくいくのかなど、現状をよくするための相談や支援をしてくれます。

就労支援について、具体的な対策を取ってくれるのは、支援センターよりも障がい者就業・生活支援センターです。ただ、就労支援についても、様々な選択肢があるので、まず発達障害者支援センターに行って、自分に一番向いているセンターはどういうところなのか紹介してもらうのがよいでしょう。

 

発達障害者支援センターと各地の施設

発達障害者支援センターは、都道府県の管轄によるものですが、政令市などの特別市は、市であっても都道府県と同じく設立が認められています。福島県いわき市、神奈川県川崎市、大阪府大阪市、京都府京都市などもそうです。

各地のセンターには、親しみやすい名前がついているものもあります。

北海道の「あおいそら」、宮城県の「えくぼ」、滋賀県の「いぶき」、京都市の「かがやき」、福岡の「あおぞら」などです。

香川、愛媛などの四国地方や沖縄などの諸島部では、発達支援に力を入れているところが多いようです。医療機関との連携も盛んです。

福岡をはじめとして、大分や鹿児島など九州地方では発達障害の研究そのものに力を入れているところも多く、広島や岡山などでも盛んに啓発活動が行われています。

東日本に目を向けてみると、岩手などは引きこもりの割合解消に向けての動きと同時に発達障害についての啓蒙も行っているようです。石川、新潟などの北陸地方も、医療との連携が盛んです。

茨城、栃木など就労支援に力を入れているところもあります。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害者支援センター