大人の発達障害への多方面からのサポートに関心はありませんか?

      2015/08/16

大人の発達障害をサポートしているものは、日ごろ目にはつきにくいのですがたくさんあります。
気になるものがあったら、お近くの自治体で探してみてください。
案外近くにあるかもしれません。

大人の発達障害の気になる症状

大人の発達障害で日ごろの生活の中で、気になる症状があっても、診断には二の足を踏んでしまいますよね。ところが、診断を先延ばしにすると、対処もそれだけ遅れてしまいます。

一番大きな問題としては、人とのコミュニケーションがうまくいきませんから、孤独感を常に味わうということです。

まず、サークルを探してみましょう。

同じようなことで悩んでいらっしゃる方は、結構いるものです。感情を共有し、悩みを話し合うことで本当の理解者が得られれば、孤独感は薄らぎます。

職場でも不都合が生じているかもしれません。自分に合った職場で働くために、発達障害の大人に職業訓練をしてくれる施設があります。

施設の種類としては、ハローワークの中の障がい者専門相談窓口、就労移行支援事務所などがあります。

大阪では「アクトおおさか」という有名なHPが、これらの施設を網羅しています。

発達障害の大人の仕事へのサポート

大人の発達障害のサポートが必要なのは、人間関係ばかりではありません。
就職にあたってや、実際に仕事をしていく中でも支援が必要です。職場の対応にも理解を求める必要があります。

あなたが職場を理解するのではありません。

職場があなたを理解することが必要なのです。

ただ、理解してもらうには上手に伝えなければなりません。

自力では難しい場合、あなたに協力してくれる施設があります。

例えば、あなたが今日の午前中に終わらせなければならない事務仕事をやっている最中に、目の前の電話が鳴り、電話を取って応対を始めたら目の前の同僚がメモで指示を出してきた…という、2つ3つの状況が重なることが、大人といえど発達障害の方にどれだけ負担になるのか、一般の方は理解していません。こういうことに対応を求めていく方法を教えてもらえるのが、職業訓練などの支援サービスです。

人口の比較的多い埼玉には障がい者職業センター、埼玉能力開発促進センターなど複数の施設があります。

広い北海道では、札幌に集中しているようです。

 

大人の発達障害とサプリメント

大人の発達障害に効くサプリなんてあるの?と思われる方もいるかもしれませんね。発達障害というのは、脳内物質の循環や生成のコントロールがあまり得意でない性質が引き起こしていることが多く、それを助けるためにドーパミンやアセチルコリンなどの生成を助けるサプリメントが効果があるといわれています。

具体的なサプリメントの名前で言うと、レシチンやαGPCなどがこれに当たります。また、発達障害は胃腸の調子が悪い方が多く、栄養分の吸収がよくないことが脳に負担をかけているという説もあります。

自分の体質に合った乳酸菌などをとることで改善されます。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害