大人の発達障害を放っておくとどのような問題が起こるのでしょう?

      2015/08/16

発達障害は、小さいころには気づかれにくいものです。
もし、あなたが、自分は大人の発達障害かも?という疑いを持っていたとしたら。
放っておくとどういう問題が起こるのでしょうか。
今回は、大人になってからの発達障害についてお伝えします。

 

 

発達障害と親

発達障害には特徴があります。
ともすれば「個性」と片づけられてしまうものなのですが、運動はダメ、年よりも幼い、落ち着きがない、明らかにウソなんだけれども、本人は全くウソだと思っていないというような特徴が幼少期からあるのが普通です。
親は、わが子の一番そばにいますから、これって普通なのかしら?という疑いを持ちます。
が、親なら自分の子どもを信じたいものです。
自分の子が人と違うのでは、という疑いを受け入れられないので、わが子の特徴に対する肯定と否定を繰り返すのが普通です。
あなたは小さい頃、親からひどく怒られたけれど、何を怒られているのかわからなくてきょとんとしていた記憶はありませんか?
自分が大人の発達障害かも、という疑いを持ったら、まず親に聞いてみましょう。
自分が小さい頃、周りの子どもと変わったところはなかったか聞いてみると、自分でも忘れていた、あるいは気づいていない性格が再発見できるかもしれません。

 

 

大人の発達障害と進路

大人の発達障害に気が付かずに成長すると、就職というライフステージがやってきます。
人と接することが苦手だったり、空気を読むのが苦手だったりという自分の特質に気づかないまま、営業職への就職をしてしまってうまくいかず、退社してしまう人も少なくありません。
営業など、人と接する仕事をよけられたとしても、ある一つのことに注意が向いてしまうとそのことばかりになる特性があると、運転の仕事なども危険です。
女性の場合は一般的に男性より気が付かれにくく、結婚してから夫が「なんだか普通と違う…」と気が付くケースが多いようです。
自分の特性をよく理解しておくことが、あなたが幸せに生きるための第一歩となります。

 

 

大人の発達障害の改善

大人の発達障害だろう、と気が付いたところで、それを放っておきたくないですよね。
改善のためには、病院を受診するのが一番です。
ところが、発達障害のための病院は全国にも結構な数があるのですが、成人の発達障害を見てくれるところはそんなに多くありません。
大都市の大阪府下にも、大人の発達障害を見られるお医者さんは10~15人くらいしかいないのが現実です。
人口比に比べて病院が多いところだと、沖縄県で21件。
栃木県宇都宮市は、昔から研究が進んでいたところで病院も多くあります。
愛媛県で33件。
全国的にはまだまだ多くないというのが現状です。
「トキオ(東京)大人の発達障害 ピアサポートブログ」に詳しく載っていますので、参考にされることをお勧めします。
発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 成人期の発達障害