大人の発達障害を克服する自然療法とは?!

      2015/08/17

大人の発達障害とホメオパシー

大人の発達障害のブログを見ていると、気になる記述にいくつか出会いました。それは、「発達障害にはホメオパシーが効く」という記述です。

ホメオパシーとは、自然療法の一つで、レメディという液体を使って行われます。

同種療法とも訳されており、体の調子が悪いときに、そのバランスの悪さを体に気づかせて自己治癒力を高める、というものです。

 

レメディは3000種類くらいあるようです。

海外においてもホメオパシーが発達障害に使われている例はあるようですが、自閉症や多動を治すといわれているホメオパシーは、反面、予防接種を禁止する(日本人の子どもはたいてい2歳くらいまでに予防接種は終わっています)など、少々取り入れるには難しさもあるようです。興味のある方は、ネット上にも情報が出ていますので調べてみてください。

 

函館や広島、福岡にはホメオパシーのスタジオがあるようです。

兵庫県姫路には日本ホメオパシーセンターもあります。

発達障害に悩んでいる人は多く、背景も環境も様々です。
もしかしたらあなたのそばにも、知らないだけでたくさんの頑張っている家族がいるかもしれません。

発達障害ブログ・「発達障害の双子怪獣とビーグル犬しおんとの日々3」

発達障害の双子さんを持つお母さんのブログです。

乳児の時から違和感を抱えていて、二歳児の時に療育を決断。

市で行われている幼児教室や知的障害通園施設などの様子も書いてあります。

ここに、母親としてやってきた数々の決断の様子などを知ることができ、頭が下がる思いです。

お子さんたちは、2015年4月から中学生になれ、支援学校に通学することができるようになったそうです。

一般的に家庭で保育にあたるのは、母です。

なので、違和感に気が付きやすいのも、対処方法を考えるのも、実際に行動に移すのも全部母親がやっている家庭は珍しくありません。

にほんブログ村でブログの一覧を見てみると、ほとんどの管理者がママです。

お母さんたちがブログで心を整理して、また明日も頑張れるように、発達障害について周囲の理解と、専門家の研究が進むように願っています。

発達障害4コマ漫画・「うちの火星人」

発達障害が家族にいるということは珍しくありませんが、コピーライターの平岡さんが『沖縄タイムス』に連載している4コマ漫画は異色です。

なんと、平岡さんを除く、奥さんと4人のお子さんが発達障害だそうです。

娘さんは社会人になってからの発覚でした。

発達障害を認め、褒め、良いところを探しているうちに、奥さんから「火星人宣言」という、自分たちを肯定するコメントが出ました。

それを受けて、家族のことを世間に発信しようと思って始めたブログが評判になりました。マンガも書くのは初めてだったそうですが、各所で大評判です。

このように、障害を受け入れ、良いところを探して褒め、肯定を積み重ねていくことは、大変大事なことです。

普通学級にいないのは恥だと思い、普通にしていくことを強制していたら、このような理解関係は生まれませんでした。

合わない学校への不登校、ひきこもり、無職という図式を歩きかねなかったでしょう。

平岡さんのブログは、家族だけでなく当事者にも勇気を与えてくれます。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害ブログ