大人の発達障害の現状を変えるヒントをお探しでしょうか?

      2015/08/17

発達障害に関するブログは、楽天ブログにも、にほんブログ村にも、たくさんあります。当事者の苦労もさることながら、支援者、特に家族の実際をそこに垣間見ることができ、
発達障害の現状を変えるヒントを得られることができます。今回は、発達障害ブログでアクセス数の多いブログをご紹介します。

 

発達障害談義・「育児パパのあったか・やさしい発達障害談義」

発達障害の親御さんが書いているブログとして、前項でも紹介したブログです。

こちらは、日々の感想に終わることなく、さまざまな発達障害のトピックスを取り上げて、社会的な出来事にもたくさん触れています。

発達障害の犯罪者が受けた裁判の内容についてや、配偶者のどちらかが障害受容できないときにはどうしたらいいかなど、様々な考察について触れていて、勉強になるブログです。

ブログは、「日記」ですが、他人の考察や、専門家(発達障害のブログを書いている専門家は、精神科医が多いです)の意見施設に入所した人の体験談成人してから発達障害がわかった人の就職事情など、さまざまなものを読むことができます。こうしたブログは、あと一歩、何か状況が変わらないかのヒントや、何とかしたい時の打開策探し、考え方の違う人の意見に触れることによって自分が多角的に考えるときのヒントに役立ちます。

発達障害ブログ・「Enjoy!!発達障がい児♪」

発達障害の家族のことを書いているブログの中でも、訪問者の多いブログが「Enjoy!!発達障がい児♪」です。隆之助という発達障害の男の子の子育てをしているお母さんが書いているブログです。

小学校にも行ったり行かなかったりのようですが、感情をぐっとコントロールしながら、「フラットに」という意識で言葉かけをしていくお母さんの態度には、頭が下がります。

発達障害のこどもは、就学、特に小学校の通学にはとても困難を伴うことがあります。自分の興味のないことも多い学校は、義務感だけで通えるものではありません。

三歳くらいで早期発見された子は、療育を受けて適切な支援を受けることもできるのでしょうが、発達障害は成長とともに発覚してくる場合が多く、加えて思春期や、高校受験などの高いハードルに直面するときに自分でのコントロールができなくなる状態に置いて初めてわかる例もたくさんあります。

 

発達障害ブログ・「もしかしたら、主婦の私が発達障害?」

発達障害は、家族ばかりではありません。自分のこともあるのです。

「もしかしたら、主婦の私が発達障害?」というブログは、お子さんが2人いらっしゃる主婦の方が、自分で診断を受けに行って発達障害だと診断され、その中でも子どもたちの面倒を見て、仕事も始め、特に家族からの支援もないまま孤軍奮闘している毎日を綴っているブログです。

一度社会人になってしまうと、自分のことを振り返る時間と心の余裕がなくなるものですが、発達障害の人が仕事をするつらさ、不思議ちゃん扱いされる自分を客観的に見つめる姿がブログに垣間見えます。発達障害を抱えながら働いているあなたが共感できる内容なのではないでしょうか。

あなたもブログをお持ちでしょうか?もし持っているなら、それはきっとどこかの誰かの役に立っているはずです。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害ブログ