発達障害で人気のブログはどのような書き方をしているのでしょう?

      2015/08/17

発達障害に悩んでいるのは、当事者ばかりではありません。当事者が小さければ小さいほど、親のほうが悩んでいたりするケースが多いのです。

大人で発達障害が判明した人でさえ、「育て方が悪かったのか…」と悩む親も多いです。

そんな人の声を読めるのが、ブログです。

発達障害ブログ・子育てブログカテゴリー

発達障害のブログを検索してみると、子育てブログのカテゴリーにたくさん発達障害児の育児中のお父さん・お母さんのブログが載っています。発達障害はまだまだ理解者も少なく、24時間育児している保護者の方にとっては、感情の整理も難しい部分があります。

こうしたブログには、もちろんコメントを返している人もいますが、これを読むだけで心を落ち着けて、慰められたり共感したりしている親もたくさんいるのだろうと推測します。

2chなどの掲示板とは少し違う、「一人ではない」ことを実感できる、一番良いツールではないでしょうか。

当事者の保護者の書いている「エリンのブログ」や夫と父の両方の立場から書いた「育児パパのあったか・優しい発達障害談義」など、自分の子どもを見守りつつ、理解を深めて発達障害のお子さんと真っ向から向き合って生きていく姿勢から学べるものはたくさんあります。ご兄弟そろって発達障害で毎日戦争、というブログもあれば、「おおぞら」のように、兄弟のうち1人だけ発達障害、という人もいて、それぞれに家庭の事情は違っても、子どもを思う親の気持ちは一緒です。

あなたが発達障害の当事者で、親の理解が不十分だと感じるなら、こういったブログを読んでもらうのも一つの方法です。

アメーバやにほんブログ村など、たくさんのカテゴリーがあります。

 

発達障害ブログ・「エリンちゃんは不思議ちゃん」

発達障害とは何か、ということがよくわかるブログがあります。高知新聞のサイトに全部で20回更新され、20回目に最終回の文字があります。

アスペルガーの女の子、エリンちゃんの書いた4コマ漫画と、お母さんのメイシーさんの文章で構成されています。

なにかおかしい、なんだろう、という疑いが、ある日「発達障害」という言葉を知って一筋の光明のように感じたこと、周囲の理解を得ながらエリンちゃんが成長していくこと…エリンちゃんの4コマ漫画も、とても丁寧に書かれていて、絵日記のようなとても胸を打つブログです。

発達障害はいろいろなので、adhd、ld、自閉症など、その症状によって悩みは違います。ただ、放っておくとうつ病などの二次障害を併発してしまうこともあります。二次障害を克服した人のブログも載っています。

お子さんの年もさまざま。

赤ちゃん、1歳くらいから高校生くらいまで、男女の性別、家族構成も多岐にわたります。

沖縄県在住の方のブログですが、沖縄「オアシスの木」というのは少しこうした子育てブログとは違います。発達障害の子どもにどうやって向き合ったらよいか、などという教材を販売しているようです。

大阪の「おかん」の書いているブログも、本などを紹介してくれています。

発達障害ブログ・ギフテットチャイルド

発達障害でお悩みのあなたは、ギフテットチャイルドという言葉をごぞんじでしょうか?特別なことをしていないのに、iq130以上あるお子さんのことです。

教えていないのに読む、書くに優れていたり、興味のある分野に適切な学習方法と出会うことで同級生よりも勝手に高いレベルの理解をするようになってしまう子供のことです。

日本でいうと、「神童」と呼ばれていた子たちがそういう子だったかもしれません。

そうした子は、頭の回転が速すぎるため、普通に会話をすることが難しかったり、人とコミュニケーションを取れなくなったりなどのことがあるそうです。高機能発達障害の子にこうした子が多く、ブログのカテゴリーの中に「ギフテットチャイルド」というカテゴリーがあるほど、徐々にその存在が知られつつあります。

こうしたブログも読んでみると、自分を客観的にみることのできる機会になるかもしれません。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害ブログ