大人の発達障害、発症しやすい「血筋」はあるのか?!

      2015/08/17

発達障害は遺伝するといいたがる人が多いです。当人以外にも家族や配偶者に不安を与えてしまう話題です。

日本には、昔から「○○の血筋」と、すべてを遺伝で片づけてしまうことがありました。そのころの名残なのかもしれません。

大人の発達障害、発症しやすい「血筋」はあるか

大人の発達障害はここ10年ほどで認知されてきた障害なので、そんなに早く原因がわかるわけはありませんよね。ただ、日本人はどうしても「血統」「血筋」といいたがります。

現段階では、遺伝であるかどうかは「わからない」ことです。

あなたは、確かに父母からの遺伝子を受け継いでいるでしょうが、もらった遺伝子の情報が全部目を覚ましてあなたを作っているかというと、そうではないようだというのが研究でわかっています。心臓病の遺伝子を持っていても、発症せずに一生を終えることもあります。

ここに、遺伝の話で片づけるのは早計だという論の根拠があります。

父方、母方…と辿っていけば、いつかは発達障害の人に出会うでしょう。

でもそれは確率論です。あなたを作っているのは、遺伝子情報だけでなく、環境や、人との関係だったりするのです。

なので、発達障害の原因を「血筋」と片づけてしまうのは、あまりにも早計だと言えます。

大人の発達障害と遺伝・さまざまな可能性

大人の発達障害でお悩みのあなたは、たくさん不安を抱えていることと思います。父親や母親からの理解を得られていない人もたくさんいます。

あなた自身の恋愛の障害になっているかもしれません。

これは、きちんと実証された研究論文が出ないことには、消えない不安です。

兄弟間で発症する確率が多い、男性に多い、母からの遺伝は少ない、いとこ同士の発症が多い…と、不確かな情報が世間にはあふれています。

自分や兄弟、子供、旦那などの配偶者の発達障害と共生していこうとしている人の日記を、ブログで読むことができます。発達障害は、乗り越えたり克服したりするものではなく、共生していくものです。

対応次第で、人生は満足がいくものにも、不満なものにもなります。

原因ばかりに目を向けず、これからどう共に生きていくかの対応のほうが大切です。

大人の発達障害・イギリスでの対応

発達障害後進国の日本ですが、先進国イギリスの対応はどうなっているでしょうか。
まず、親や教師による疑惑の段階を経て、検査を受けるのは日本と同じです。検査を受けると医師から説明がありますが、もし発達障害だと診断された場合は、すぐに医師を中心とするあなたのためのチームが組まれます。

チームは、カウンセラーはもちろんのこと、就学中なら学校の先生、社会人なら日本でいう社会福祉士など、10人前後のチームになることもあるようです。

そのチームは何をしてくれるかというと、あなたが社会で問題なく暮らせて社会参加できるようにバックアップしてくれるのです。普通、日本では一般社会参加は困難とされるadhdなどの障害も、訓練と適切な援助を受けて、普通教室で授業ができるように改善される例も多いようです。

これは一概に医療のせいなどではなく、一部はお国柄もあるようです。強い自己主張はヨーロッパでは個性として歓迎されます。

手厚いチームの協力はもちろん、こうしたお国柄も共生に役立っているのでしょう。

発達障害大人の悩みを解決したい方はこちらからどうぞ

 - 発達障害と遺伝